肌トラブル対策

年齢を重ねるごとに

【 2014.7.14 】

いつまでも透明感のあるきれいな肌を持っていたいと思っていました。そのため、きれいな肌を保つために、いつも肌の手入れを念入りにするように心がけています。スキンケアをするときには、肌の保湿を十分にするようにしています。というのも、肌が乾燥してしまうと、肌トラブルに悩まされてしまうからです。以前は、肌が乾燥しがちだったので、肌トラブルにしばしば悩まされていました。肌トラブルに悩んでいたときには、化粧をきれいにすることができなかったので、とても辛かったです。それに、ニキビなどの肌トラブルもありました。肌トラブルが起きると周囲からの目がとても気になるので、それ以来は、念入りにスキンケアを行うようにしています。特に、年齢を重ねるごとに肌トラブルを感じやすくなるため、年齢を重ねるごとに、よりスキンケアを丁寧に行っています。スキンケアを丁寧に行うようにしてからは、肌トラブルに悩まされることがなくなったので良かったです。

医療系のコスメを試してみた

【 2014.7.14 】

仕事が忙しくストレスと肉体的疲労が溜まる生活を続けており、そのためか昔は顔の肌に自信があったのですが、今では肌荒れやくすみ、ニキビ等の肌トラブルに悩まされるようになってしまいました。市販のコスメ用品でスキンケアは実施しているのですが、肌トラブルは一向に改善しませんでした。改善しない肌トラブルには医療系のコスメ用品が効果的という話を聞いたので、試してみることにしました。有名な皮膚科の医師の方が作成した化粧品の評判が良かったので使用してみたところ、市販の化粧水と比べて肌の奥まで水分が行き届くのが実感できました。今までは化粧水と乳液でケアしてもベタつくだけで肌に潤いを感じることはありませんでしたが、医療系の化粧水は翌朝まで肌の潤いが続いたので驚きました。常に肌にうるおいがあるので肌荒れやくすみが気にならなくなり、顔のテカりも改善されたのでニキビも徐々に少なくなりました。改善しない肌トラブルには医療系コスメが是非おすすめです。

ジベルばら色粃糠疹

【 2014.7.14 】

ジベルばら色粃糠疹から起こる肌トラブルは炎症性角化症という疾患の一つと一般的に言われてきました。原因は不明と言われていますが、何らかのウイルスや肺炎マイコプラズマが関係があると言われています。季節は春と秋が多い傾向にあり、発症箇所で言えば腹部や胸部、太ももなどで、通常では顔や頭や手、足には出来ません。ブツブツや水疱、色素沈着が起きる場合もあり、皮膚膚科専門医がみればすぐに解るものです。ジベルばら色粃糠疹の肌トラブルにはステロイド外用薬が使用されていますが、アトピーの方に多い傾向があるため使用する事はお勧めできません。ジベル粃糠疹様の皮疹を毎年の様に繰り返されることがあります。マイコプラズマの感染がある時はマクロライド系やテトラサイクリン系の抗生物質が必要になります。肌トラブルで困っている場合は、皮膚科に見てもらうことが一番です。どういった肌トラブルかもわからずに薬を塗ることは危険なので、気を付けるようにしましょう。

PAGE TOP