ジベルばら色粃糠疹

s
【 2014.7.14 】

ジベルばら色粃糠疹から起こる肌トラブルは炎症性角化症という疾患の一つと一般的に言われてきました。原因は不明と言われていますが、何らかのウイルスや肺炎マイコプラズマが関係があると言われています。季節は春と秋が多い傾向にあり、発症箇所で言えば腹部や胸部、太ももなどで、通常では顔や頭や手、足には出来ません。ブツブツや水疱、色素沈着が起きる場合もあり、皮膚膚科専門医がみればすぐに解るものです。ジベルばら色粃糠疹の肌トラブルにはステロイド外用薬が使用されていますが、アトピーの方に多い傾向があるため使用する事はお勧めできません。ジベル粃糠疹様の皮疹を毎年の様に繰り返されることがあります。マイコプラズマの感染がある時はマクロライド系やテトラサイクリン系の抗生物質が必要になります。肌トラブルで困っている場合は、皮膚科に見てもらうことが一番です。どういった肌トラブルかもわからずに薬を塗ることは危険なので、気を付けるようにしましょう。

PAGE TOP