化学物質過敏症

肌トラブルは様々な原因で起こりますが、ときには『化学物質過敏症』によって引き起こされている場合もあります。 化学物質過敏症とは、人間が人工的に合成した化学物質に過敏に反応するようになった結果、頭痛や喉の痛み、目の不快感、倦怠感、関節痛、下痢、咳・喘息、手足のしびれなどの身体症状やイライラ、集中力・記憶力の低下、抑うつなどの精神症状が起こるようになる病気のことで、皮膚には湿疹ができたり、アトピーの症状があらわれたりするなど、様々な肌トラブルにも見舞われやすくなります。 この病気は、人間が許容可能な化学物質や薬物を一定量以上超えて体内に取り込んでしまうことで発症すると考えられていますが、その許容量や化学物質への感受性には個人差があるので、発症のしやすさや発症の原因となる化学物質、症状のあらわれ方など、個人差が大きい病気といえます。 化学物質過敏症は化学物質からしばらく離れることでほとんどの人が回復可能なので、この病気を発症したときには、できるだけ周囲から化学物質を排除するとともに、水分補給を徹底しながら適度な運動などで汗を流して体内の化学物質を外に出すことが有効です。 化学物質過敏症の原因となりうる身近な化学物質には、自動車の排気ガスやタバコの煙、消臭剤・芳香剤、合成洗剤、殺虫剤、蚊取り線香、柔軟剤、塩素系漂白剤など、現代人の生活に密接に関わるものが少なくありませんが、中でも香りの強いものが症状を誘発しやすいといわれています。 特に、女性はオシャレのために化粧品やヘアスプレー、シャンプー・リンス、香水などの香りの強い化学物質を使用することが多く、肌トラブルなどの過敏症の症状を誘発しやすいので注意が必要です。 最近は天然素材のみで製造した無添加・無香料・石油系界面活性剤不使用のオーガニックコスメも販売されており、無添加で安全なシャンプーやリンス、石鹸、アロマオイルなどが販売されているので、こうした製品をうまく活用して化学物質をできるだけ体内に取り込まないようにしましょう。 なお、アトピー肌などの肌トラブルでお悩みの方の中には、化学物質に対する反応として肌トラブルが生じている場合もあるので、肌荒れとともに様々な不快症状が生じている場合には、医療機関を受診してみることをお勧めします。

PAGE TOP