ニキビ・吹き出物

肌トラブルを予防、または解消するためには、肌に優しい習慣を身につけなければなりません。ニキビや吹き出物が出来てしまう原因は、スキンケアの方法が間違えていたり、乱れた食生活や習慣を行っているからです。そのため原因をしっかりと判明しないかぎりでは、どれだけ気をつけていたとしても、肌トラブルを引き起こしてしまう原因になるのです。 肌トラブルの原因となりやすいのが、食生活です。普段から高カロリーの食事を行ってしまうと、毛穴に脂が詰まってしまう原因になります。人間の体は、摂取したカロリーが消費されずに、体内に残ってしまうと、脂肪に変わってしまうのです。これが血中に流れ出してしまうと、毛穴から放出されてしまうのです。これが毛穴に脂が詰まってしまう原因であり、そして毛穴に雑菌が詰まりやすくなってしまう原因なのです。その結果毛穴が開きっぱなしになり、ニキビの原因となる雑菌が入り込んでしまい、炎症を引き起こしてしまうのです。 これを防ぐためには、普段から高カロリーの食品を食べることを止めなければなりません。また野菜を中心とし、ビタミンやミネラルをたくさん摂取するようにしましょう。特に肌に大切なことがビタミンCです。ビタミンCには肌の炎症を防いでくれたり、解消してくれる効果が期待できるからです。 肌トラブルについては、生活リズムを整えることが大切です。普段の就寝時間や起床時間が安定していないと、体を回復させることが出来なくなってしまいます。体は安定した生活を求め、変化を嫌います。そのため睡眠時間がまちまちになってしまうと、睡眠による回復力が低下してしまうことになるのです。睡眠の質が悪くなってしまうと、肌の細胞の再生や修復が上手く行われなくなってしまいます。その結果雑菌に弱い肌になってしまい、炎症を引き起こしやすくなり、ニキビや吹き出物が出来てしまうのです。肌トラブルを引き起こさないためには、睡眠時間を安定させ、細胞の回復力を向上させなければならないのです。

PAGE TOP